NEWS & BLOG

諫早建設の日常酒井ブログ

2018/02/09

写真撮影 [酒井]

今日は新オフィスの写真撮影。
いつも諫早建設の竣工写真を撮影してくれている渡部さんが朝早くから三脚とカメラを担いでお越しくださった。
とにかくこの男、ただ者ではない、などと素人の私が言うのも失礼なのだけれど、出来上がった写真を見ると、とにかくスゴイ!いやモノスゴイ!!
写真にはズブズブの素人の私にでもその素晴らしさが分かるくらいなのだから相当なものだと思う。
要は実際建っている家の少なくても3割増しには美しく写っている。
なんて言うと、今度は設計の高嶋や杉岡に失礼なあのかもしれないが、それが事実なのだから仕方がない。
大抵は渡部さんが撮影してくれた写真をアルバムにしてお持ちしてインタビューをさせて頂くことが多いのだけれど、この写真を見るとお客様は「ウチじゃあないみたい!
」と感動しながら、ほぼ「イイこと」を言ってくださる。
実はそれも作戦のウチ。
ひとつだけ注文を付けるとすると、納期が著しく遅いこと。
撮影してから少なくても6カ月、遅いと約1年も経ってから、それこそ忘れた頃に納品されるのが玉にキズ。