世田谷区桜モデルハウス 木造2階建 家づくりライブ66

MAKING LIVE

世田谷区桜モデルハウス 木造2階建 家づくりライブ66

MAKING LIVE

2018/04/19

世田谷区 桜モデルハウス【型枠解体】

今日は基礎立ち上がり部分の型枠を解体しました。
先日打設したコンクリートが実に美しい姿を現しました。
この後、少し養生期間を置いてこの上に土台を敷いて行きます。

2016/12/26

世田谷区 桜モデルハウス【完成】

完成しました。
7m高の吹抜けのペンダント照明です。
諫早建設のコンセプトハウス「世田谷 桜ハウス」
是非、見学に来てください。お待ちしております

2016/12/15

世田谷区 桜モデルハウス【外構工事】

最後の工程、外構工事。
ブロック積みするのは、創喜舎の吉田さん。
いつも丁寧な仕事をしてくれます。
完成まであとわずか。

2016/12/10

世田谷区 桜モデルハウス【外観】

足場が外れました。お披露目です。
シャープな感じでカッコいいですね。
階段スペースの壁面も外壁と同じ仕上げです。
是非、来場して見てください。

2016/12/02

世田谷区 桜モデルハウス【パテ処理】

インテリア・オオタの河岸さん。
ボード継手、ビス穴をパテ埋めして削っての
工程を数回繰り返して平滑にします。

2016/11/29

世田谷区 桜モデルハウス【塗装屋さん】

仕上げ工事の最初は塗装屋さん。
新着現場ニュースでお馴染みの栗原塗装の設楽くん。
丁寧にペーパー掛けしてから塗装です。

2016/11/22

世田谷区 桜モデルハウス【キッチン】

キッチンがつきました。オーダー品です。
傷が付かないように養生してしまうので姿が見れず残念。
壁面タイルは輸入品で独自の形状です。

2016/11/20

世田谷区 桜モデルハウス【階段】

階段の踏み板の取付けが終わりました。
角パイプ製の手摺も付けました。
これから仕上げ工事です。

2016/11/15

世田谷区 桜モデルハウス【タイル張り】

1階のエントランススペース、水廻りの床はタイル張り。
めずらしい長方形のタイルを不陸が出来ないように
調整しがら張り込みます。

2016/11/04

世田谷区 桜モデルハウス【左官屋さん】

左官屋さんがモルタルの上塗りをしてます。
メッシュシートを塗り込んでクラック対策。
乾き具合をみながら平滑にコテで均します。

2016/10/14

世田谷区 桜モデルハウス【木工事中】

大嶋棟梁が苦労して隙間なく張り上げてくれた合板。
横帯の石膏ボードは、黒板塗装仕上げの予定。
仕上りが楽しみですね。

2016/10/12

世田谷区 桜モデルハウス【通気ラス】

外壁工事も進行中。
ラス屋さんが通気ラス張りをしてます。
この上にモルタルを下塗り、上塗りと2回塗ります。

2016/10/06

世田谷区 桜モデルハウス【ボード張り】

田中大工はボード張りをしてます。
ボードの張り方次第で後々のパテ処理の手間や
クロス仕上りに影響します。ボードが美しく張れると
クロスも美しく仕上ります。

2016/10/05

世田谷区 桜モデルハウス【床張り】

大嶋棟梁は床板張りの真っ最中。
床暖房パネルの配管を傷付けないように
注意しながらの作業。床暖房を使用すると
微妙に伸縮するので突き付け加減が腕次第。

2016/10/01

世田谷区 桜モデルハウス【造作】

田中大工は窓枠造作の加工中。
スライドと呼ばれている丸ノコでスパッと切断。
木屑が飛び散らないように集塵します。
手ノコを引いて切っていたのは二昔前の事。

2016/09/30

世田谷区 桜モデルハウス【お手製】

玄関・階段スペースの7mの吹抜け部。
仕上げ作業では足場を掛けるのですが木工事中は、
大工さん達のお手製の足場ステージ作業します。

2016/09/27

世田谷区 桜モデルハウス【合板張り】

通常、屋根や外壁に張る構造用合板を室内に張ってます。
下地としてではなく、仕上げ材として張ってます。
最終的に木目を活かした塗装仕上げになります。
隙間なく突き付けで張るのも一苦労。

2016/09/16

世田谷区 桜モデルハウス【透湿防水シート】

外壁に張ってある白いシートは、透湿防水シート。
内部の湿気は放出して外部からの雨水をふせぎます。
ペラペラで薄いけど手で破けません。
通気層の縦胴縁も打ってます。

2016/09/15

世田谷区 桜モデルハウス【軒天】

ビルトイン車庫の軒天張り。
材料一枚の重量があるので基準の墨に合わせて
大嶋棟梁と田中大工の2人がかりです。

2016/09/13

世田谷区 桜モデルハウス【打合せ】

監督の岸と業者さんが昨日、取付けた階段で使用する集成材の
加工、納まりを打合せ中。図面があっても現場で寸法を
採りながら打合せ、確認しないと後で大変な事に。

2016/09/12

世田谷区 桜モデルハウス【鉄骨階段】

壁から突き出ているのは階段下地の片持ち鉄骨。
壁面の部材は、隠れてしまいます。
踏み板部は、集成材で上下に挿み込んで
蹴込板なしの開放的な階段になる予定。

2016/09/04

世田谷区 桜モデルハウス【設備工事】

断熱工事が終わり設備工事。
システムバスの据付け、配管、配線と業者さんが
入れ替わり立ち替わり作業に入ります。
気心の知れた職人さん達なの譲りあっての作業。

2016/09/01

世田谷区 桜モデルハウス【吹付け断熱】

現場発泡型の吹付け断熱材を採用。
専用の樹脂を100%水により膨らませ透湿性・柔軟性・
吸音性を兼ね備えた人に優しいフォーム材です。

2016/08/29

世田谷区 桜モデルハウス【防水工事】

バルコニーの防水工事中。
硝子繊維を2層重ねたFRP防水。
湖にある手漕ぎボートと同じ素材です。
仕上げに着色塗装して終了。

2016/08/25

世田谷区 桜モデルハウス【屋根葺き】

猛暑の炎天下での屋根葺き作業。
鉄とアルミニウムのハイブリットなガルバリウム鋼鈑を
使用しての縦はぜ葺き。軽量なので建物への負担も少ないです。
屋根通気なので雨音の心配のありません。

2016/08/24

世田谷区 桜モデルハウス【サッシ取付中】

現場には沢山のサッシが運び込まれています。
これからの台風シーズンを前にして、できるだけ早く取り付けたいものです。
サッシが入るとようやく雨の吹き込みもなくなって一安心です。

2016/08/18

世田谷区 桜モデルハウス【制震装置取付】

夏休みも終わって現場も通常通り動き始めました。
筋交いの部分に黒く見えるのが制震装置「ジーバ」です。
1階部分の耐力壁にバランス良く配置されています。
最近は関東でも東京近郊で地震が多くなってきていますので、このような制震装置を検討されているお客様も増えているようです。

2016/08/02

世田谷区 桜モデルハウス【屋根防水】

屋根が架かったら早々に防水工事を進めて行きます。
最近は局地的な豪雨も多く、ここまで完了するとようやく一息、と、いうところでしょうか。

2016/07/28

世田谷区 桜モデルハウス【屋根】

上棟作業を終えると、まずは建物内部に雨が吹き込まないように屋根を架けて行きます。
今回のモデルは屋根が二重構造になっている、少し複雑な構造なので、大工さんもなかなか苦労をしたようです。

2016/07/25

世田谷区 桜モデルハウス【祝!上棟】

お天気にも恵まれて、今日は晴れの上棟の日。
一日で家の形が出来上がってしまうので、見ように依ってはとても劇的な一日です。
大工さんチームと鳶チームが息を併せて次々と材料を組んで行きます。夕方には無事、今日予定していた作業を完了することができました。

2016/07/22

世田谷区 桜モデルハウス【土台敷き】

週明け早々に予定している上棟作業に先駆けて、今日は「土台敷き」です。
棟梁の大嶋さんと相棒の田中大工が、黙々と基礎の上に土台を敷いて行きます。

2016/07/20

世田谷区 桜モデルハウス【先行足場】

土台敷きに先駆けて、基礎の周囲に足場を架けて行きます。
この段階で足場を架けるのは上棟作業を安全に、且つ効率よく進めるためのもので、とても大事なものです。

2016/07/12

世田谷区 桜モデルハウス【基礎立上りコンクリート打設】

梅雨に入って不安定なお天気が続きますが、梅雨の晴れ間を縫って今日は基礎の立ち上がり部分のコンクリートを打設が完了しています。

2016/07/01

世田谷区 桜モデルハウス【捨てコン】

昨日までで「根切り」は完了し、今日は防湿シートをかけてその上に捨てコンを打設しました。
「捨てコン」は名前の通り、家の構造や強度には全く関係なく、今後の配筋作業などの際に目印となる墨出しをしたりするためのものです。
私が現場に着いた時には既に作業が終わっていたのですが、実に美しい現場です。
この後、いよいよ基礎の耐圧盤(家の荷重が全てかかるところ)の配筋作業に入って行きます。

2016/06/27

世田谷区 桜モデルハウス【根切り】

世田谷区内で2軒目のモデルハウスがいよいよ着工しました。今回も東急世田谷線宮の坂駅からすぐの好立地ですので、皆様にいつでもご覧頂けるような態勢をとって行きたいと思っております。
まずは「根切り」です。
ユンボを使って基礎の形状に合わせて溝を掘って行きます。

さらに表示する