ISAHAYA 諫早建設ISAHAYA 諫早建設

STAFF

代表取締役 / 辻 潤也

JUNYA TSUJI

私たちがつくるのは、五感のすべてで「本当にいいな」と思いながら生活が送れる家。その実現に向けて、お客様に対して絶対にウソをつかず、何年、何十年と信頼関係を維持していく所存です。

辻ブログ

取締役 営業部長 / 島袋 剛

TSUYOSHI SHIMABUKURO

諫早建設は家づくりのプロとして、叶えたい夢や大切な思いを形にする会社です。お客様の幸せをとことん考え、それを実現することに、誇りと喜びを感じながら仕事に打ち込んでいきます。

島袋ブログ

営業部 / 酒井 寿一

TOSHIKAZU SAKAI

私たちの家づくりには、すべてにおいて「意図」と「理由」があります。そのお客様でなければ成立しない家、ずっと自慢できる家をつくります。建つまでの過程から、安心して楽しんでください。

酒井ブログ

設計部 / 高嶋 夕夏

YUKA TAKASHIMA

諫早建設のスタッフは、不器用だけど、誠実でまじめ。常にお客様の想いを想像しながら家づくりを行います。長い時を経てなお価値が損なわれることのない、美しい家を一緒につくりましょう。

高嶋ブログ

設計部 / 杉岡 実

MINORU SUGIOKA

家づくりの答えはひとつではありません。住む人や住む場所にとって最適な解を導き出すために、幹となる部分は守りつつも、常によりよくあれるよう、変化をし続けていたいと感じます。

杉岡ブログ

互いに尊重し合い、時には意見をぶつけ合わすのが諫早建設のスタッフたち。全員が創意工夫に溢れ、とても個性的、そしてお客様の「好き」「楽しい」「心地よい」を大切にしています。

「住宅設計に特化した建築設計事務所+工務店=諫早建設」。その家で生活を送るすべての方が、心豊かな時を過ごせるように、お客様に寄り添い、丁寧な家づくりができる会社です。

工務部 部長 / 山川 正幸

MASAYUKI YAMAKAWA

「美しい家」とは、住む人がいかにもその家を愛していることが分かるようなメンテナンスが行き届いた家。そんな家と満足感が提供できるよう、誠意と誇りを持って職務に取り組みます。

工務部 / 岸 武男

TAKEO KISHI

経年変化をしてなお、その家は美しくあれるか。それを念頭に、常に丁寧な仕事を心がけます。また、思い通りの仕上がりで、お客様の思いを形にできるよう、常に成長することが大切です。

工務部 / 小林 昭人

AKIHITO KOBAYASHI

私たちが提供するのは、見た目や機能のみならず、施工中の現場や、職人たちが持つ気持ちまでが美しい家。常に使う人の視点に立ち、フルオーダーの家づくりで、お客様のニーズに応えます。

工務部 / 門倉 稔

MINORU KADOKURA

継続してきたことはそのままに、常に新しいことに挑戦するのが諫早建設です。ミスを徹底してなくすこと、現場の状況に応じて最善の策を出すことが、人生を楽しめる家づくりにつながります。

工務部 / 塩野 正明

MASAAKI SHIONO

やりがいを感じるのは、引渡した後、数年経った訪問で、感謝の言葉をもらった時。お客様に寄り添い、プラスαの提案を心がけ、長く住んでも色褪せることのない、価値ある家を提供します。

会長 / 吉川 幸男

YUKIO YOSHIKAWA

地域密着型企業として、家づくりにおける提案やアドバイスを通し、お客様に満足を提供してまいります。整理整頓された現場から生まれる「美しい家」をお届けいたします。

PARTNERS

諫早会の職人たち

クロス工事 / 太田 直樹

NAOKI OTA

「お客様の気持ちになって、作業をすること」を何より大切にする諫早会の会長。竣工時のみならず、自分の住まいをみた時に、ずっと笑顔がこぼれるような家づくりに取り組んでいます。

電気工事 / 山内 勝男

KATSUO YAMAUCHI

経験が豊富な、腕利きの職人。スタッフ間で、常に親密な関係を築き、お互いをカバーしながら業務に取り組むと同時に、「その家を自分が使う」という思いで、施工にあたっています。

塗装 / 栗原 卓

SUGURU KURIHARA

10年後も変わらずきれいなまま、劣化のでない施工と計画を大切にする塗装におけるプロフェッショナル。お客様からの信頼も厚く、住みやすさを考え抜いた高い塗装技術を持っています。

サッシ・建具 / 宮代 剛

TAKESHI MIYASHIRO

常にお客様目線で遂行していく丁寧な仕事ぶりには定評あり。目先のデザインではなく、10年、20年先の家族構成までを考え、長期間の実用に耐える設計・施工にチャレンジしています。

解体 / 下田 宏

HIROSHI SHIMODA

解体という作業は「ただ壊すだけ」ではありません。騒音や振動、粉塵などで近隣に迷惑がかからぬよう、細心の注意と高い技術が必要になります。そのすべてをお任せしている、まさに“縁の下の力持ち”です。

基礎工事 / 日向寺 政一

SEIICHI HYUGAJI

大きな声(重機を操りながら指示を出すのでそうなった!?)と口ひげがトレードマーク、日向寺土建の社長さん。一見強面に見えますが、実はとても優しい職人です。基礎と上棟時の鳶をお願いしています。

左官 / 松澤 強

TSUYOSHI MATSUZAWA

ダンプでのゴミ捨てや草刈りといった細かい仕事までを一手に引き受けてくれる左官職人。暑い日も寒い日も、常に過酷な環境の中で作業をしながら、いつも元気に様々な現場を飛び回ってくれています。

大工 / 小柳 直巳

NAOKI KOYANAGI

諫早建設が掲げる「美しい現場づくり」のモデルとなった人物。「現場がキレイな大工は腕がいい」という考え方を体現する若手棟梁のトップです。真っ赤な自家用車で颯爽と現場に現れるダンディーな一面も。

大工 / 湯本 和弘

KAZUHIRO YUMOTO

『小柳チーム』の棟梁。現場には演歌ではなく「J-WAVE」を流すなど、オシャレにも人一倍気を遣う、実にカッコイイ大工です。震災直後には毎週末に現地に行って、ボランティア活動をしていました。

大工 / 大嶋 純也

JYUNYA OSHIMA

とにかく面倒見がよくて、現場にいるたくさんの職人たちの連携に常に気を配っている棟梁。とても段取りがよく仕事が早いので、工期が短い集合住宅などの現場をお願いすることが多くなっております。

大工 / 畠山 有廷

NAOTAKA HATAKEYAMA

毎日、黙々と大工工事を進める棟梁。「この仕事の他は考えられない」と言い切る姿は実に頼もしいです。師匠であるお父様も現役の棟梁で、弟さんも大工。手が足りない時は助っ人に来てもらうこともあります。

大工 / 山中 智喜

TOMOKI YAMANAKA

若い頃は“ブイブイ”言わせていたであろうことが容易に想像できる“イケメン”です。普段は無口ですが、時につまらなそうな顔をしながら、面白いことを言うので、聞き逃さないようにしないといけません。

大工 / 渡辺 寅男

TORAO WATANABE

諫早会の大工の中では最年長、陽気で世話好き、とても気のいい棟梁です。その元気の源は、ずばり「仕事中に、ブツブツと文句を言うこと」。宴会では自分は呑まずに、人に勧めるのが実に上手いんです。

大工 / 内田 武則

TAKENORI UCHIDA

諫早会の職人の中で一番の古株であり、現在「監督」と呼ばれるすべての人が、かつて「師匠」と仰いだベテランの棟梁。性格はいたって朴訥で、東京に出てきてずいぶん経った今なお、お国言葉が抜けません。

鉄骨 / 内山 典久

NORIHISA UCHIYAMA

最近増えている「カッコいい鉄骨階段」というオーダーに対して、お客様のある意味“勝手な”イメージをぶつければ、「ムリ」「ダメ」と言うことなく、豊富な経験とアイデアを駆使して実現してくれます。

日興電機 / 鈴木 亮哉

FUSAYA SUZUKI

電気工事は、完成までに何度も現場に足を運び、また引渡した後でもお客様のリクエストがあれば訪問する必要があるので、フットワークが勝負。一つひとつの要望に対して、素早く的確に対応してくれます。

測量・登記、土地家屋調査士 / 塚田夫妻

TAKAHIRO & AI TSUKADA

諫早建設で施工する物件の登記をお願いしている土地家屋調査士のご夫妻。どんなに時間的に難しくても、いつもイヤな顔ひとつすることなく、私たちの様々なお願いを聞いていただいています。