ニュース&ブログ

杉岡ブログ諫早建設の日常

2018/11/17

柿 頂きました

何時の間にやら秋が過ぎ去り、冬らしくなってきましたね。

今年の秋もお客様から沢山の柿を頂きました。

柿の木は日本の住宅には昔から植えられています。

それはなぜか。

劣悪な環境でも比較的丈夫に育ち、実がなってくれますので食料として重宝されたから。

それもありますが実は「万能な材料」としての利用価値が高かったからです。

柿を青いうちに絞って熟成させてつくる「柿渋」という液体。

この柿渋はタンニンという成分が多分に含まれており

・防腐、防虫、防水剤

・補強材

・医薬品

など様々な効果を発揮し庶民の生活を支えてきました。

また染色剤としても有名です。

とても渋い茶色なのですが、歳を重ねるたびに発色が良くなるという特徴もあり

防腐、防虫、防水の効果も重なって衣服や日常品に多用されました。

故に日本家屋の庭に植えられ、生活を共にしてきたゆかりのある植物なんですね。

お客様に伺うと、余り手間を掛けずとも毎年実がなってくれるそうです。

それでいてこれほど美味しいのですから言う事ありません。

ごちそう様でした!