ニュース&ブログ

杉岡ブログ諫早建設の日常

2019/02/04

日本武道館にて

なんでしょうね
やはりルーティーンとなっている日常を打破するには
なにかアクセントとなるようなエッセンスが必要だと。

先日好きなアーティストのライブへ赴きました。
場所は日本武道館。
九段下の駅を降りて、坂道を人の流れを追い越して行くとそこに日本武道館があります。
うーん日本武道館はとても久しぶり。
そういえば日本武道館にはいろいろな思い出があります。
古くは小学生の頃に空手の大会で演技をし
二十歳の頃はイベント運営のバイトとして裏でライブイベントを支えたり。
エリッククラプトンの降臨を目撃したのも日本武道館。
当時の彼女にフラれたのもこの場所だったような(笑)

さて今回のアーティストは「ザ ボゥディーズ」です。
メンバー全員が30代なのですが彼らの音楽はロックンロールど真ん中。
リトルリチャードやサムクックなど50~60年代のロックンロールやソウルミュージックに影響を受け
ビートルズが大好きな日本の4人組みのロックンロールバンドです。
それはデビュー当時から「日本にロックンロールを根付かせる」と目標をかかげそれ以来骨太に活動し
メジャーデビューから10年を過ぎてもその姿勢は全くブレず貫き通しています。
元々妻が好きだったのですが次第に私がハマってしまうという良くあるパターンでファンになりました。



彼らはビジュアルもよく若い女性ファンがとても多い。8割は女性でしょうか。
ジャンル的にはおっさん世代の音楽なのでちらほらと私よりも年上の男性女性も見受けらましたが
私の座席周辺は若い女性だらけでしたので相当なアウェイ感でいささか居心地が・・・。
しかし開演を告げるシャウトが響き渡ると、もうそこからは一気に突っ走る突っ走る!!
いつも観に行く山崎まさよしのライブ(ルネ小平も行きました)はじっくり聴く感じ。
お客さんもほぼ同年代なのでノリの良い曲が終わると皆さん着席するというまったりリズム(笑)
久しくそんなまったりライブに浸かっていたせいか、この突っ走る感は2時間全力疾走と同義なのです。
おっさんとしてはローテンポの曲を挟みなさいと説教したくなりましたが最期まで何とか楽しめました!
いやー気持ちイイ!最高です!
「パワーを受け止めて明日からの活力に(もっとカッコよく言ってた)!!」
とボーカルがMCで叫んでいましたが、うん、確かに受け止めたぞと。
体力的にはパワーダウンして風邪をひきそうになりましたが
確かに気力は注入された気がします。

日々のリズムが安定する事は良い事でもあり
自分の心持も自身でコントロールする事が出来る年代ですが
だからこそ外的要因の刺激を受けるとが大事だと感じます。
そしてなにより楽しい気持ちになることはどんな時でもイイことですよね!