ニュース&ブログ

杉岡ブログ諫早建設の日常

2019/03/12

アアルト


去年の話になりますが葉山にある神奈川県立美術館へ行ってきました。
逗子駅からバスで約30分海沿いの道を南へ下ると現れます。
海を臨む立地に建築された美術館は何もしていなくても癒されそうなスポットです。


今回展覧していたのはアルバ・アアルト。
アスプルンドやヤコブセンとほぼ同時期に活躍した北欧を代表する世界的な建築家です。
フランスやドイツの工業大国からのモダニズムの大波をフィンランドという国の特徴を生かし
北欧ならではのモダニズムを発展させたのがアアルトです。
日本でもとても人気のある建築家なので会場は来場者であふれていました。
アアルトは建築家ですが、工業デザイナーとしても有名で
現在でもアアルトがデザインした家具や照明が販売されています。
フランスでアアルト住宅の代表作「ルイ・カレ邸」を見学しましたが
家具や照明は勿論、全てにアアルトのデザインが施され
いつまでも使っていたくなるような触っていたくなるようなデザインに囲まれた住宅は
初めて訪れたのに昔から知っているような、そんな感覚に包まれます。



神奈川美術館では終了してしまいましたが
東京ステーションギャラリーにて4月14日まで開催しておりますので
興味のある方は是非脚を伸ばして見学してください。

↓サイトへリンク↓
アルヴァ・アアルト もうひとつの自然