ニュース&ブログ

杉岡ブログ諫早建設の日常

2019/04/22

歴史ある街に歴史あるホテル


少し以前の話になるのですが、宇都宮で息子の大会の応援に行った時に
脚を伸ばして日光の金谷ホテルで一泊する事にしました。
金谷ホテルは創業が明治の初期ですから100年以上の歴史があるな老舗ホテルです。
アインシュタインやフランクロイドライトが宿泊したことでも有名で
クラッシックな雰囲気は現代でも人気があり日光でも指折りのホテルであり続けています。
高そうだけど一度泊まってみたい、と思っており何となく検索したらそこまで高くない。
よし、ここは清水の舞台から飛び降りる覚悟で(そんなに高くないです)予約!

日光街道から坂を上がり姿を現すホテル。思ったっ通りの雰囲気です。ラウンジも受け付けも趣きがありそれだけで満足。
お部屋は小さめですが景色の良い木製窓がありそれだけで満足。
朝食は清潔感のあるしつらえでしたし食器もとてもきれいで満足。食事もまあまあ満足。
さすがに古いだけあって所々メンテナンスの行き届いていない部分があったりしましたがそれはそれで雰囲気があり満足。


若干サービスが「?」と感じる部分はありましたが私はホテルなどで手厚くされるのが苦手でどちらかというと放っておかれる方が居心地が良いのでこちらも満足。ということで夫婦そろって満足して滞在する事が出来ました。
ホテルは衣食住を高レベルで提供するというサービス業界の花形です。サービスが行き届いていれば満足度は高くなりますが、古い建築が醸し出す雰囲気はプライスレスであり何時でも人を引き付けます。これからも末永く建築を守りながら商業的にも成功していただきたいと思います。