ニュース&ブログ

酒井ブログ

2021/02/02

薪ストーブ

先日の「美の壺」

テーマは「薪ストーブ」

 

実はその前の週のテーマが「焚き火」。

両方の回ともに、嬉々として火を熾すお父さん達の姿が描かれていた。

 

要はやっぱり「男は火遊びが大好き!」なのですねえ。

私も子供たちが小さい頃は秋川渓谷辺りに出かけて行って、河原でバーベキューなどを愉しんだ経験がある。

 

諫早建設が以前所属していた「匠の会」では「暖房器具」としてだけでなく、趣味の道具的なモノとしてもこの「薪ストーブ」を推奨していた。

 

最近は燃料を手のかかる薪ではなくて手軽に手に入り、また、扱いも簡単なペレットにしたストーブが主流になりつつあるそう。

 

ただ、番組を見た限りでは、やはり手軽に且つ効率よく暖をとれるペレットではなくて、火を熾すところから「愉しめる」薪ストーブは捨てがたい様。

要は、この「火熾しを愉しめるかどうか」がキモのようだ。

 

そういう点で言えば私はとてもそんな「愉しむ」ような余裕はなく、また、かなりの部分、「言い訳」ではあるのだけれど「マンション住まい」なので、「残念ながら」薪ストーブには当分ご縁は無さそう。

 

でも部屋の中でチラチラと揺れる炎を眺めながら、妻と語らい、ゆっくりとグラスを傾ける(呑めないクセに!)、なんて理想的な老後ではないでしょうか。

ずえったいにあり得ないけど。