ニュース&ブログ

諫早建設の日常酒井ブログ

2021/05/27

頂点!

見事に私の予想が外れて、パナソニックの優勝!で今季と、いうかトップリーグの幕が下ろされた。

 

リーグトップの最高得点のサントリーVSリーグ最少失点のパナソニック。

正に文字通り盾と矛との対戦となった。

戦前、準決勝の戦い方を見て、パナソニックの守備に少しの綻びが見えたこともあって、準決勝で今季「台風の目」となったクボタをノートライに防いだサントリーの優利かと思ったが、やはりそうそう簡単なものではなかった。

 

スコアは全くの予想外で31-26と本当に紙一重、1トライの差。

しかもトライ数では3-4とサントリーの方がひとつ多かった。

やっぱりサントリーのディフェンスが素晴らしかったことに他ならない。

そこをひっくり返したのはやはり試合巧者のパナソニックのPG。

4-0とここでサントリーを突き放した。

でも、キックが多い印象だったサントリーがPGゼロ!と、言うのはある意味素晴らしい戦いだったのだと思う。

真っ向勝負!でトライを取に行った結果なのだから。

 

そういう意味でもメチャクチャ面白いゲームで、それこそトップリーグの最終戦に相応しい内容だったと思う。

普通、これくらいの点が両軍に入ると、些か荒れた、もしくは(ディフェンスの)緩いゲームを想像するが、全くそういう印象はなくて、両軍とも素晴らしいディフェンスでゲームを締めてくれた。

やっぱり頂点のゲームは面白い!!