ニュース&ブログ

諫早建設の日常酒井ブログ

2021/07/27

7人制ラグビー

賛否両論喧しい「東京五輪」も早、中盤に差し掛かろうとしている。

今回の様々な新種目の中で、私が「????」だったのが「7人制ラグビー」。

 

以前から時々実際のゲームを観ていたのだけれど、一体何が面白いのか全く分からない。

良く実況のアナウンサーが「ラグビーファンの皆様」的な言葉を発するけど、私も「ラグビーファン」の端くれとして、「これってラグビーなの?」と、素朴な疑問を感じていた。

 

で、実際に五輪のゲームを観ると、これが「予想通り」全くつまらない。

そもそも「何で7人なのか?」と、言えば、要は通常の人数15人からフォワードの8人を丸々抜いた数、ということ。

 

私が考える「ラグビーの醍醐味」は何と言っても「フォワード戦」。

スクラムの力勝負や駆け引き、ゴールライン際の力と力の押し合い。

そこがそっくり抜けているので、面白いワケがない。

 

要はバックス陣が、形ばかりのスクラムでチョコチョコっと押して、ボールを奪うと後はステップワークで守備(?)の間を抜けて、そのままトライ!と、いう。

実にあっけない展開でゲームが進む。

 

更にゲーム時間は前後半7分づつで、ゴールキックやペナルティーキックの間も時計は止まらない。

なので、あっという間に勝負が付いてしまう。

まるで大根おろしの搾りかすのようなゲーム。

 

とは言うものの、決勝のフィジーVSニュージーランドはそれなりに面白かった。

やっぱりどのスポーツでも最高峰のゲームは「面白い」と、いう事かもしれない。

が、やっぱりボディーコンタクトが極端に少なかったり、走力を含め、スピードがモノを言う、と、言う点ではむしろ女子に向いているスポーツかもしれない。

 

多分、生粋のラグビーファンは離れて行くか、大分俯瞰で眺めているだけだろうと想像するのだけど。