ニュース&ブログ

諫早建設の日常酒井ブログ

2021/09/30

CM

本当はとっても好きなのだけれど、それが始まると思わずチャンネルを変えてしまうCMがある。

 

多分、ご存知の方も多いであろう「聖教新聞」のCM。

図書館司書のお姉さんと、その愛用者である、耳が不自由な女の子のCM。

 

実は私が仕事をリタイヤした後、手話を勉強したい!と、思った一つのきっかけにもなった。

 

パラリンピックが終わってもうすぐ一か月。

様々なハンデを抱えながらそれをものともせずに健常者もかくや、という素晴らしいプレイを見せてくれる選手たち。

 

私が先のCMをなかなか直視できないのは、やっぱりその女の子が「可哀そう」と思うから。

要は「同情」をしているから。

 

だけどパラリンピックで活躍する選手たちを見るにつけ、そういう「同情」は彼らにとってはとっても「失礼」なことなのだろう、とつくづく思う。