ニュース&ブログ

諫早建設の日常酒井ブログ

2021/11/30

祝!日本一

ヤクルトの勝利!で日本シリーズが終わった。

 

 

先のブログでも書いた通り、私はヤクルトにかなり肩入れをしていた。

 

本来、私はカープファンなのだけれど、カープの優勝が絶望的になって、要は気楽にペナントレースを俯瞰できるようになると単なる傍観者としてプロ野球を暢気に見物できるようになる。

 

今年は特にそれが例年よりも大分早く来たような気がしないでもない。

 

今回の日本シリーズは、全6試合中5試合が1点差と、稀に見る名勝負!だった。

 

それだけ両チームの戦力が充実、拮抗していた、ということ。

 

多分勝負を決めたのは両監督のほんの少しの采配の差だったのではないか。

 

その点で、やっぱりクローズアップされていたのが高津監督の「言葉の力」。

 

口では「選手の力を信じて」と、言うのは簡単だけれど、絶対に失敗が許されないクローザーとして、短期間に2回も失敗をしたマクガフを「それでも」使い続けた胆力はなかなか真似が出来るものではない。

 

こういう少しの差違いが「日本一」とそれ以外とを分ける大きな違いになるのだろうなあ。