ニュース&ブログ

諫早建設の日常酒井ブログ

2022/01/05

高校ラグビー

高校ラグビーである

 

 

今日、行われた高校ラグビー準決勝。

 

本来であれば「決勝」終了後に書くべきなのかもしれないけど、この準決勝のゲームが実に素晴らしく、またある意味「番狂わせ」だったので思わず書いてしまった。

 

カードは「東海大仰星VS東福岡」「国学院栃木VS桐蔭学園」。

 

過去の実績などから「順当」に行けば「東福岡」と「桐蔭学園」が勝利して決勝に進むと思っていたが、結果は真逆になった。

 

特に東福岡は決勝の常連校、桐蔭学園に至っては3連覇がかかっていた。

一時代を築いた東福岡はWCでも注目を集めたあのWTB福岡の母校でもある。

 

「国学院栃木VS桐蔭学園」のゲームでは両軍共にトライは2つづつ。

PGが3―0、GK1-0の「飛び道具」の差がそのまま点差になった。

 

スコアだけ見ればディフェンス力は拮抗していたが、ペナルティーの数の差が勝敗を分けた、と、言うことになる。

 

が、実際の内容は国学院栃木の圧勝だったかもしれない。

高校日本代表候補が一人も居ない中、正に「組織で守る」「倒されてもすぐに起きる」という、正にジャパンがWCで標榜していたこと、そのまま。

 

結局、思うように攻撃が出来なかったのが焦りに繋がり、ミスが重なった上にペナルティーを犯してそれが直接PGと言う形で失点に繋がった格好。

ラグビーって実に面白い競技で、一度片方にできた「流れ」はなかなか変えられない。

 

最後の止めは実に見事な逆サイドへのキックパス。

ここぞ、という場面で鍛えられた個人技が光った。

勝利の歓喜に沸くフィフティーンには心からの祝福を捧げたい。

 

決勝戦は「東海大仰星VS国学院栃木」

「順当」に行けば東福岡を力づくでねじ伏せた東海大仰星だけど、桐蔭学園を下した流れに乗れば国学院栃木にも十分に可能性はあるかもしれない。(と、逃げを打っている)