ニュース&ブログ

諫早建設の日常酒井ブログ

2022/03/25

階段ってなんだろう

 

随分前にも取り上げたことがある「階段」

 

当然ながら主な用途、機能は「階を上下すること」。

 

「普通」の家や建物であれば、その機能だけあれば十分。

 

だけど「普通でない」家や建物のなるとそこに他の機能や付加価値である「デザイン」が加わる。

 

逆にそれこそが大事、「家の顔」、「主役」となることも多い。

 

以前は家の中で、階段は日陰者、と言うか、要は前述の機能さえ果たせばあとは如何に目立たなくさせるのか、要は邪魔にならないようにするのかがキモだったような気がする。

 

要は家の北側にヒッソリと設置されることが多かった。

 

一方で諫早建設の「階段」は実に「目立つ」。

 

と、言うかむしろ家の「顔」、コンセプトにすらなっていることが多い。

 

用途、機能だけ取ってもただ「上下階を繋ぐ」、というだけではなくて、リビングの一部として「そこに座る」という機能も持っている。

 

以前お引渡しした小平市のN様邸や東村山市のI様邸では、生活の中で学生さんや会社の仲間たちを招待してゼミ会やパーティーやすることも多く、椅子の数を超える人数が家の中に集う時、正に「その時」に大活躍するのがこの「階段」だと聞いたこともある。

 

リビングの中にデザインされた階段は、必ずそこに目を付ける(笑)人が居て、いち早くそこに定着するそう。

 

そしてそこが家の中でも「特等席」になる。

 

次からは「階段」の取り合いになることもあるようだ。

 

なので、諫早建設の「階段」は平気で家の中でも一番条件のイイ、南側にデザインされることも多い。

 

お客様も、初めてご提案させて頂くと面食らうこともあるようだけれど、生活を始めるとそれが「普通」と、言うか、「そうでないといけない」という「必然性」を感じるようだ。

 

たかが階段。されど階段。

 

改めて着目してみると、きっと愉しいですよ。